Sponserd Link


2009年05月22日

▲フィーゴ「アメリカ、日本のオファー待っている。」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090522-00000013-ism-socc

現地時間21日、元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴ(36)が欧州以外での現役続行を考えていることがわかった。ロイター通信が報じている。

 インテル(イタリア)の一員として、前週にリーグ4連覇を祝ったフィーゴだが、その後「ハイレベル」なサッカーから身を引きたいとの意思を発表。新天地については「今はまだ、欧州以外からのコンタクトを待っている。アメリカや日本などね」と中国『タイタンスポーツ』紙に語ったという。

 フィーゴはまた、同紙に対し「CSL(中国スーパーリーグ)からリクルートのオファーが来たら喜んで受け止める」とも話したとのことで、中国でのキャリア続行にも興味を示しているようだ。なお、同じ中国の天津には、かつてローマ(イタリア)でプレーした元イタリア代表MFダミアーノ・トンマージが所属している。


フィーゴはインテルを退団し、今度は若干、レベルの下がる
アメリカ、中国、日本のクラブに所属したいらしい。

就職活動してるね。日本のクラブもなめられたものだね。ちょ
っと小遣い稼ぎくらいの気持ちなのかな?カズも40歳過ぎても

プレーしているからね。フィーゴくらいの選手であれば、問題
なくプレーできるとは思うが、どうなるのかね?

まだオファーは来てないみたいなので、メディアを通じて、就
職活動してるね。フィーゴはまだ稼ぎたりないのかな?


posted by satomaro at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。