Sponserd Link


2009年07月21日

▲ベッカム大ブーイング、ピッチにファン乱入。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090721-00000029-spn-socc

イングランド代表MFデビッド・ベッカム(34)の所属する米MLSのロサンゼルスが19日、ホームでACミランと親善試合を行い、2―2で引き分けた。

 6月まで期限付き移籍でプレーした古巣相手に先発したベッカムは2点目をCKでアシストし、後半30分に交代。来年1月に再度ACミランへの移籍を希望しているとあってサポーターからは激しいブーイングが降り注ぎ、スタンドには「帰れ!ペテン野郎」の横断幕も掲げられた。ハーフタイムにはファンがピッチに乱入し、ベッカムが警備員に護衛されてロッカーに下がるひと幕も。

 試合後のベッカムは「何人かはあまりよろしくないことを言って一線を越えたようだった。オレは落ち着けと言ったのだが…」と事態の収拾に躍起だった。



ベッカムが大ブーイング。移籍するということで、かなりファンが
熱くなっている。ベッカムは早く移籍するべきだとは思う。サッカ

ーがあまり盛んではないにせよ、その中でサッカーに熱中している
ファンも多い。イングランド代表に戻りたいのならば、移籍はする

べきだとは思うが、どうなるのか?これだけのブーイングを受ける
とチームにいづらいのは確か。チームメイトもよくは思ってないの

で、今後はどうなるのか?事態の収拾の為、早く決断を出すべきだ
とは思う。逆にこれだけ注目されているので、それだけ認められて

いるということでもあるが、事態が変な方向に行かなければよいと
は思う。

【関連記事】
俊輔王様、周囲をうならせる。
シャビアロンソ、母国で挙式。
俊輔にスペイン熱狂、「ニューベッカム」。
マラドーナ超えた、C・ロナウドレアル入団発表。


posted by satomaro at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。