Sponserd Link


2009年07月19日

▲マンC、トーゴ代表アデバヨルを獲得。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090719-00000012-ism-socc

現地時間18日、マンチェスターCは同じイングランドのアーセナルからトーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨル(25)を獲得したことを明らかにした。契約期間は5年で、現地メディアは移籍金を2500万ポンド(約38億5000万円)とみている。ロイター通信が報じた。

 前年にブラジル代表FWロビーニョ、ジンバブエ代表FWベンジャニ・ムワルワリを獲得し、今オフにはアルゼンチン代表FWカルロス・テベス、パラグアイ代表FWロケ・サンタクルスを迎え入れることに成功しているマンC。このメンバーにアデバヨルを加えることにより、他チームに誇る豪華攻撃陣を揃えた。

 アデバヨルはクラブ公式HP上で、「私はこのクラブやサポーターたちのために歴史を築くためここへきた。それは会長や監督も望んでいることであり、スタートを切るのが待ちきれないよ」とコメント。新天地での意気込みを表している。

 また、同クラブのマーク・ヒューズ監督は、「エマニュエルはフランスから移籍してきてから、イングランドでトップレベルのストライカーのひとりであり、我々のもとに加わってくれることを喜んでいる」とアデバヨル加入を歓迎した。

 一方、古巣となったアーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督は英『スカイスポーツ』に対し、「もちろん彼がいなくて不自由するだろうが、現時点で我々のもとにいる選手たちに焦点を当てていかなければならない。彼の成功を願うし、これまでこのクラブのためにしてくれたことに感謝する」「彼がマンCに特別な何かをもたらすと確信しているよ」とコメントしている。

 2006年にモナコ(フランス)からアーセナルに加入した当時は無名だったアデバヨル。07年に48試合出場30ゴールの自己最多得点を記録すると、他クラブからも注目を集めるようになった。アーセナル通算では142試合出場62得点を挙げたアデバヨルは、08年にはアフリカ最優秀選手に選出されている。



マンチェスターシティがテベスを獲得したが、今度はトーゴ代表
のアデバヨルを獲得。かなり、来期のイングランドリーグは楽し

くなる。マンチェスターユナイテッド、アーセナルそして、補強
が順調なマンチェスターシティ。ロビーニョもいるので、来期は

爆発的な破壊力をもちそうでもある。なにより経済的に余裕が持
てたことが強いとは思う。経済力がなければ、チームはなかなか

強くならないのは確か。良い選手や良い監督を呼ぶには、お金が
必要になってくる。経済力イコールチーム力なので、マンチェス

ターシティが来期は楽しみではある。アーセナルやユナイテッド
をどうやって倒すかが気になるところ。

【関連記事】
リバプール、ジェラードの2得点で、暫定首位に浮上。
ギグス、パクチソン弾でミドルズブラ下す。
マンチェスターシティ、ロッベンにオファー。
ロビーニョ、マンチェスターCで長くプレーする。


posted by satomaro at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123846651
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。