Sponserd Link


2009年06月30日

▲中田氏「南アフリカは危険だとは思わない。」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090630-00000018-sanspo-socc

サッカー元日本代表の中田英寿氏(32)が2010年W杯南アフリカ大会に出場する岡田ジャパン、観戦する日本サポーターを全面サポートする計画があることが29日、分かった。同氏が日本コカ・コーラ社とイメージキャラクター契約を結ぶことが判明。今後、同社と協力してW杯に向けた現地情報を発信する。コンフェデレーションズ杯が開催された現地を視察中の中田氏は、早速サンケイスポーツに独占リポートも寄せた。

 「南アフリカは他の国と同じく、危ないところに行かないのであれば、それほど危険だとは思わない」。南アのヨハネスブルクを訪れている中田氏は、初めてじっくり滞在する同地の印象をポジティブに表した。

 首都のヨハネスブルクは南アでも最も危険とされ、観光客は道を歩くのも避けろといわれる。しかし、コンフェデ杯決勝視察後の夜、ヨハネスブルク北部の経済の中心地・サントン地区で食事。危険地帯ではないとの情報を元に自ら町を歩き、欧州を思わせる町並みの同地が、決して危険ではないことを確認したという。

 「子どもたちと話していても同じような意見で、ケープタウンやダーバンなどは、普通に安全な場所とされているみたいだった。日本で南アフリカが危険というイメージがついてしまっているのは、情報がきちんと伝わっていないからだと思う」



中田英は世界を旅し、貧しい人や様々な人を見てきた。世界の
貧しい人に比べれば、日本は経済的、環境は恵まれているのか

もしれない。しかし、経済的に恵まれていても心が貧しい人は
やはり多い。中田英寿いわく、日本の先進国より、経済的に恵

まれてない人の方が、生き生きとしていると。日本人は経済的
に恵まれているかもしれない。少なくとも他の国よりは。しか

し、心の貧しさがある。実際、何が人の幸せなのかわからない。
そして、今回、中田英は南アフリカに行ったことがある。世界

中を旅したので、国の状況というのはわかっているはず。アフ
リカは、治安はやはり良いイメージはない。来年、ワールドカ

ップも始まる。日本人も応援にかけつけるだろうから、治安は
気になるところ。サッカーの祭典なので、危険を背にして、応

援したくはない。中田英が言うには、特に問題ない状況らしい
ね。

【関連記事】
ブラジル4得点、ウルグアイ粉砕。
元日本代表、福西氏「日本サッカーを強くしていきたい。」
中田氏、チャリティ活動第2弾、6月17日から。
セビージャ、デポルティボ下し、CL出場権。



posted by satomaro at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。