Sponserd Link


2009年05月29日

▲ルーニー「イニエスタは世界一」CL決勝、完敗認める。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090529-00000020-ism-socc

現地時間27日に行なわれたチャンピオンズリーグ決勝で、0対2とバルセロナ(スペイン)に敗れたマンチェスターU(イングランド)。同大会2連覇を逃したマンUのFWウェイン・ルーニーは、相手MFアンドレス・イニエスタを「世界一」と評した。ロイター通信が報じている。

 バルサの中盤で指揮をとるイニエスタは、この試合でもその実力を発揮。流れるようなパスワークはバルサのお家芸だが、その中心でボールを操ったイニエスタは、FWエトーの先制弾もお膳立てしてみせた。

 一方のマンUは、FWクリスティアーノ・ロナウドが何度かチャンスをつかみながら、最後までネットを揺らすことができず。バルサにボールを回され、なかなか手が出せないシーンも見られた。ルーニーは「彼らは素晴らしいチームだ。イニエスタは現時点で世界一のプレーヤーだと思う」とコメント。「彼らがいい時間帯でゴールを決め、自分たちとしては難しくなった。バルセロナは見事なボール回しを披露した。チャンスをモノにできなければ、その報いを受けることになる」と、完敗を認めた。


ルーニーがイニエスタは世界一と評する。試合を見てる側から
は、やはりゴールを決めたエトーやメッシが目立ったが、

実際、プレーしている選手は目立っている選手というのは違う
のかな?イニエスタはルーニーの中でかなり光っていたみたい

だね。2−0という結果ではかなり精神的に屈辱を味わった
みたいだね。ルーニーにしても、ロナウドにしてもまだ若い。

また来年、さらなる成長を遂げて帰ってきて欲しい。まだまだ
進化はする選手だと思うので期待したいね。

【関連記事】
バルセロナ、メッシが9ゴールで得点王。
マンU、フレッチャー、バルサDFアビダルらの決勝出場停止。
マンチェスターU決勝進出へ。
マンUのルーニー、「残りのキャリアの全てをここですごしたい。」


posted by satomaro at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。