Sponserd Link


2009年05月24日

▲インテル、クレスポ、ジェノアへ移籍。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090524-00000007-spnavi-socc

イタリアのラジオ番組に出演したジェノアのエンリコ・プレツィオージ会長は、「まだサインはしていないが、クレスポはもう99.9%、ジェノアの選手だ」と述べ、インテルからのエルナン・クレスポの移籍がほぼ確定したことを示唆した。

 プレツィオージ会長は、ディエゴ・ミリートのインテルへの移籍に伴い、ジェノアのスター不在を懸念していたが、ミリートと同じアルゼンチン出身のクレスポに白羽の矢を立てた。クレスポはジョゼ・モリーニョ監督の下、これまで出場機会に恵まれず、今季終了後にインテルを去るとの意向を表明していた。

 ジェノアは、来季出場するヨーロッパリーグ(UEFAカップに代わる新大会)に向け、"プリンシペ”(ミリートの愛称)に代わる理想的な選手を補強することに成功したようだ。


エルナン・クレスポがジェノアへ移籍。しかし、年齢的にどうなの
かな?インテルではあまり出番がなかった。33歳なので、サッカー

選手としては微妙な年齢でもある。ジェノアで活躍したミリートの
代役はできるのか?インテルでのうっぷんを晴らして欲しい。

ジェノアは金銭的に、さらに良い選手を補強できるのかな?もし、
クレスポが怪我などで、活躍できなかったら、来期はアウトかも

しれない。フィーゴはどうなるのかね?やはり、アメリカや日本、
中国のクラブのオファーを待っているのかね?フィーゴも来たら、

良いかも。来期のクレスポの爆発を期待したいところだね。

【関連記事】
高原、10戦ぶりスタメンへ。
インテル、マイコン「100%残留」。
フィーゴ「アメリカ、日本のオファー待っている。」
ジェノア、モッタ、ミリート、インテル移籍で合意。




posted by satomaro at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。