Sponserd Link


2009年05月19日

▲インテル、モウリーニョ監督、「ミリート獲得間近」。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090518-00000022-ism-socc

インテルのジョゼ・モウリーニョ監督は現地時間17日(以下現地時間)、ジェノア(以上イタリア)のアルゼンチン人FWディエゴ・ミリート(29)の獲得が間近であると語った。ロイター通信が報じている。

 16日に行なわれたイタリア・セリエA第36節で2位ミランが敗れため、17日のシエナ戦を迎える前にリーグ優勝を決めていたインテル。この一戦に3対0で勝利し、4連覇に花を添えた同クラブでは、モウリーニョ監督の口から来季の補強についての情報が飛び出している。

 モウリーニョ監督はイタリアのテレビ局に「これでやっと言える。インテルはジェノアから目下絶好調のミリートを獲得することで合意に近づいている」とコメント。今季のセリエAで20ゴールを挙げているストライカーの獲得が濃厚となっていることを明かした。

 なお、ミリートはズラタン・イブラヒモヴィッチとコンビを組むとみられるが、イブラヒモヴィッチは過去に移籍を示唆する発言を行なっており、来季の去就については不透明な状況が続いている。また、FWエルナン・クレスポ、フリオ・クルス、MFルイス・フィーゴは退団が濃厚となっている。


ジェノアはかなり前ではあるが、元日本代表の三浦和良が所属
していたチーム。基本的に、1部と2部をいったりしていたチーム

ではあったが、今年は5位と調子が良い。お金をもっているチー
ムが上位に入ってくるのは基本で、あまりお金を持ってないチ

ームは発展途上の選手を見極め、安く買ってくる。そして、その
選手が活躍したら、お金の持っているチームに高く売る。それ

が基本にはなっている。今回、アルゼンチン人のミリートは試合
数は少ないが、20得点を決めている。得点ランキングは3位だが、

1試合平均ゴール数は一番高いと見る。そのミリートを獲得しよ
うとしてるのが、インテルというわけ。得点ランキング2位の

イブラヒモビッチもインテルにいるわけで、相当な攻撃力には
なる。来期も爆発的に強くなるのはインテルの可能性はある。

これに対して、ミランはどう選手を補強してくるのかな?

【関連記事】
ミランがウディネーゼに敗れ、インテル4連覇。
サンプドリア、インテル破り、決勝へ。
アドリアーノ、インテルとの契約解除。
ユーベの抗議却下、レッチェ戦は無観客試合。


posted by satomaro at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119779380
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。