Sponserd Link


2009年05月19日

▲ウェストブロムFWベドナル、麻薬取引疑惑。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090518-00000026-ism-socc

ウェストブロム(イングランド)は現地時間17日(以下現地時間)、チェコ人FWロマン・ベドナル(26)が麻薬取引に関与していると報じられたことを受け、同選手を謹慎処分としたことを発表した。クラブ側は現在この件について調査中としている。ロイター通信が伝えた。

 同日に行なわれたプレミアリーグでリヴァプールに0対2と敗れ、降格が決まったウェストブロムをさらなる打撃が見舞った。この日、英『ニュース・オブ・ザ・ワールド』紙が、ベドナルが麻薬を受け取り現金を渡しているとのレポートを写真5枚付きで掲載。昨季17ゴールを挙げてチームの1部昇格に貢献したベドナルに疑いの目が向けられることとなった。


ウェストブロムのロマン・ベドナルが麻薬取引に関与している
と報じられた。これはまずいね。オランダでは合法らしいが、

イングランドで麻薬をやっては捕まる。最近では、麻薬を合法
にしろという訴えがあったが、実際、葉を燃やしているだけ、

煙草より害はないらしい。オーストラリアで吸っている人間を
見たことはあるが、気分がhighになるのかわからないが、かな

り、テンションが上がっているようだった。どうなんだろうか?
しかし、違法であるので、やっては処分されるのは当たり前。

選手生活も危うくなる。日本でも相撲取りが処分された。サッカ
ーをこのままやり続けたいのなら、やはり、罰せられることは

やってはいけないね。


posted by satomaro at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。