Sponserd Link


2009年04月29日

▲チャールトン、マンチェスターホームでプラティニ会長から表彰。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090429-00000021-ism-socc

現地時間29日に行なわれるチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグ・マンチェスターU対アーセナル(以上イングランド)戦のキックオフを前に、UEFA(欧州サッカー連盟)のミシェル・プラティニ会長が、マンUの伝説的プレーヤーであるボビー・チャールトン氏を表彰する運びとなった。ロイター通信が報じている。

 プラティニ会長は表彰式に先立ち声明を発表。そのなかで「サー・ボビーは、フェアプレーの精神、相手への敬意、真の忠誠心といった、フットボールにおけるよい面すべてを体現してくれている。彼こそがこれからの世代にとって、ピッチの内外において模範となってくれる人物である」と、チャールトン氏の功績を称えた。なお、表彰式はマンUのホーム「オールド・トラフォード」で昼食時に行なわれる予定。

 1953年から73年までマンUでプレーしたチャールトン氏。FAカップ、国内リーグ、チャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)など数々の戴冠を経験した。66年にはイングランド代表チームの一員としてW杯優勝に尽力し、同年にバロンドール(『フランス・フットボール』誌が選出する欧州年間最優秀選手)に輝いた。

 代表106キャップというチャールトン氏の記録は、同国代表MFデイヴィッド・ベッカムがすでに抜き、マンU歴代最多出場記録も現メンバーのMFライアン・ギグスが塗り替えている。しかし、チャールトン氏が挙げた「代表通算49ゴール」は今もなお、イングランド歴代最高記録となっている。


ボビーチャールトン。

伝説のプレイヤーだね。

代表通算ゴールは今だ破られていない。

すごいことだ。

でも、昔と今では比較はできないよね。

色々と違ってくる。

野球もそうだね。

昔と今では比較できない。

試合数も違ってくるので・・・・

だが、偉大なプレイヤーであることは

間違いない。


posted by satomaro at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。