Sponserd Link


2009年04月29日

▲レッズの鉄人、山田暢久、600試合出場へ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090429-00000018-dal-socc

J1浦和のベテランMF山田暢久(33)が、29日の清水戦(エコパ)で史上初となるクラブ公式戦、通算600試合出場を果たす。
 28日の練習では、主力組の右サイドバックでプレーし、清水戦の先発出場は濃厚。前節・千葉戦では右足首を痛めたが次節に影響はない。
 J1通算出場数では409試合で、清水・伊東輝悦の442試合には及ばないが、J2やACLを含む全公式戦通算600試合は、日本プロサッカーでは前例がない記録だ。山田暢は「そうなの?知らなかった。まぁ、いつも通りっす」と素っ気ないが、前人未到の記録は色あせない。
 節目の試合は、くしくも生まれ故郷でもあり、94年4月27日のデビュー戦(清水戦)の地でもある静岡。家族、友人も観戦に訪れる予定だ。デビューから5481日。浦和が誇る“鉄人”が金字塔を打ち立てる。


競争の激しい、プロでここまで試合に出れるのは

なかなか難しいこと。

すごい!!の一言。

この数字はあまり怪我をしないともいえる。

まさに”鉄人”の名にふさわしい。


posted by satomaro at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118273087
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。