Sponserd Link


2009年04月25日

▲本田圭佑はオランダのトップ5クラブに行くべき。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090425-00000017-spnavi-socc

VVVは24日のハーレム戦に1−0で勝ち、オランダ2部リーグ優勝、そして1部リーグ復帰を果たし、シーコンスタディオンはお祭り騒ぎになった。

「ちょっとばかりわたしも疲れたよ」と喜びの集団から抜け出てきたハイ・ベルデン会長は、思わずどかりといすに座り込んだ。しかし、その後ろの壁にかかっているかつての優勝記念写真を見つけると、「このスタジアムに新たな写真が加わる。その中で、優勝盾を高く掲げるのはケイスケなんだ」と本田圭佑の取材に訪れた日本人記者を見渡し、そして続けた。
「この前も言ったけど、ケイスケはヨーロッパで初めての優勝チームの日本人キャプテン。今季は彼のためのチャンピオンシップだった」

 前回、ベルデン会長は「ケイスケにはVVVに残ってほしい。彼はVVVのレギュラー選手。しかもキャプテン。そんな立場でアヤックスやPSVと戦うのは、ケイスケにとっても悪いことではない」と語っていたが、この日は違った。
「わたしはケイスケの移籍をブロックすることはしない。2部リーグに落ちたVVVに残ってくれたことに関して、わたしは本当に彼に感謝している。ケイスケはオランダのトップ5クラスのクラブに行くべき。トップ5とはアヤックス、PSV、AZ、トゥエンテ、ヘーレンフェーンのこと。え、フェイエノールト? フェイエノールトはトップ5じゃない(笑)」
 ベルデン会長は「本田の移籍金は1000万ユーロ(約12億9000万円)」と公言しているが、ハーレム戦後は「通貨単位が違う。1000万ユーロじゃなくて、1000万円だ」とジョークを飛ばした。


日本人選手ががんばっているね。

日本ではあまり知られてない選手だと思うが、後々、

オランダで今のような活躍をしていれば、日本代表に

出てくるだろうね。

覚えておきたい名前だ。



posted by satomaro at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。