Sponserd Link


2009年07月29日

▲イブラヒモビッチの入団セレモニーに6万人。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090729-00000045-sanspo-socc

【ペララーダ(スペイン)28日】セリエA、インテル・ミラノのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(27)とスペインリーグ・バルセロナのカメルーン代表FWサミュエル・エトー(28)のトレードが成立し、27日に両クラブから発表された。

 C・ロナウドが史上最高の移籍金123億円でレアル・マドリード入りしたのもつかの間、また天文学的数字が欧州を席巻した。昨季セリエA得点王(25得点)のイブラヒモビッチと、バルサでの5年間で200試合130得点を記録したエトー。総額102億円のトレードはサッカー史上最高規模だ。

 イブラを獲得したバルサは、インテルに市場価格2000万ユーロ(約27億円)のエトーに加え、移籍金4600万ユーロ(約62億1000万円)を与えて、1000万ユーロ(約13億5000万円)での買い取り権利付でベラルーシ代表MFフレブをレンタルで放出した。締めて7600万ユーロ(約102億6000万円)だ。

 早速行われたイブラの入団セレモニーは、正式発表のわずか数時間後ながら、本拠地カンプノウに6万人を集めたイブラは会見で「オレはエトーの代わりじゃない。違うものを見せる」と強調。28日付スペイン紙スポルトは「マラドーナ、ロナウジーニョを超えた」と大々的に報道した。



イブラヒモビッチがバルサに移籍し、そして、セレモニーに6万人
が集まった。さすがに注目されている。エトーの代わりではない

違うものを見せると発言。この強気な姿勢がやはり、何より、強
力なフォワードの要因ではあるとは思う。点取り屋はなにより、

心が強くなくてはならない。弱気な姿勢だとやはり点を取るのは
難しい。果たして、エトーのように活躍できるのか?期待されて

入団しても、結果の残せない選手はいる。環境が変わることで、
力が発揮できない選手もいる。イブラヒモビッチはスペインの地

で大きな結果を残すことができるのか?今後のバルサが楽しみで
はある。

【関連記事】
インテル、モウリーニョ監督、「ミリート獲得間近」。
ミランがウディネーゼに敗れ、インテル4連覇。
アドリアーノ古巣、フラメンゴ復帰。
イブラヒモビッチ、ファンに「黙れ」。


posted by satomaro at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。